家を高く売る5つのポイント!注意点や不動産会社の選び方も解説

自宅を高く売ることは、多くの人にとって一生に一度のことが多いでしょう。特に子育てが一段落し、ライフスタイルの変化に伴い新しい生活を考えている方にとって、家をできるだけ高く売却することは、大きな目標です。

家を高く売るためには、売却プロセスや信頼できる不動産会社の選び方、費用の節約方法など、押さえておきたいポイントはたくさんあります。

本記事では、売却前の準備から交渉術まで、家を高く売るための具体的な方法を解説します。

目次

家を高く売る・売却前の準備

家を高く売る・売却前の準備

家を高く売るためには、売却前の準備が欠かせません。まず、家の見ばえを良くするためにリフォームを行い、第一印象を高めることもできます。また、ホームインスペクション(住宅診断)を実施して家の状態を確認し、購買者の安心を保証します。

内見対応の準備も怠らず、訪問者が家の魅力を最大限に感じられるようにしましょう。

家の見栄えを良くするためのリフォームとクリーニング 

家を高く売るためには、見栄えを良くするリフォームとクリーニングが可能です。ここでは、家を高く売るための具体的なリフォームとクリーニングのポイントを紹介します。

リフォームのポイント

リフォームは以下のように、リフォーム箇所とそのポイント、費用感を検討しましょう。

リフォーム箇所効果費用感ポイント
キッチン・購入者の注目度が高い ・最新設備にすることで魅力度アップ50万~200万円最新の家電や収納スペースを追加
バスルーム・清潔感が重要 ・リノベーションで快適さをアピール30万~150万円防カビ仕様や節水機能を強調
外壁・屋根・家全体の印象を左右 ・新しい塗装で見栄え向上20万~100万円耐久性の高い塗料を使用
フローリング・室内の美観を大きく左右 ・傷んだ部分の修繕10万~50万円簡単に手入れできる素材を選ぶ


しかし、リフォームすることでデメリットもあります。かけた費用を価格に上乗せしきれない点、購入希望者の志向に合うか分からない点、工事の分だけ売却スケジュールが延びる点などです。

売却の際のリフォームは不要と言い切る不動産会社もあるくらいです。水回りが著しく傷んでいて、直した方が売りやすいケースなどはリフォームするべきですが、売りに出す物件がリフォームするべきなのかは検討すると良いでしょう。

クリーニングのポイント

家を高く売るためには、ハウスクリーニングは効果的と言えます。プロの手によるクリーニングは、一般の方の清掃とは違い、細部まで行き届き、家の魅力を最大限に引き出します。サービス内容と相場は以下です。

サービス内容効果費用感
全体清掃パッケージ・家全体を徹底的に清掃2万~5万円
カーペットクリーニング・カーペットの汚れや臭いを除去 ・清潔感を演出1万~3万円
窓ガラスクリーニング・窓ガラスをピカピカに ・部屋を明るく見せる5千~2万円
キッチン・バスルーム
クリーニング
・特に汚れやすいキッチンやバスルームを徹底清掃1万~4万円

ホームインスペクションの必要性

ホームインスペクションの必要性

家を高く売るためには、ホームインスペクションがとても効果的です。ホームインスペクションとは、専門の検査員が家の状態を詳細にチェックすることで、雨漏りやシロアリなど、家の見えない不具合を発見し、購入者にとって信頼性のある情報を提供するものです。

もしホームインスペクションで大きめの不具合が見つかった場合は、その分価格に安く反映するか、修繕対応するかすればよいことになります。

ホームインスペクションのメリット

ホームインスペクションを実施することで、以下のようなメリットがあります。

メリット内容
問題の早期発見家の隠れた問題を早期に発見し、修繕することで、売却価格を維持できる
購入者の安心感インスペクション済みの家は購入者に安心感があり、購入意欲が高まる
交渉の有利さ事前に家の状態を明示することで、価格交渉を有利に進められる
売却のスピードアップ問題が事前に解決されているため、売却プロセスがスムーズになる

ホームインスペクションを行うことで、家の隠れた問題を早期に発見できます。例えば、屋根の劣化や配管の不具合、電気系統の問題など、見た目では分からない部分まで検査が可能になります。

また、購入者にとって、ホームインスペクション済みの家は大きな安心感を与えます。後から大きな修繕費用が発生するリスクが少ないため、購入意欲が高まります。

ホームインスペクションを行うと、住宅瑕疵保険に加入でき、その点も更に購買者に魅力となります。

内見の対応準備

家を高く売るためには、内見の対応準備がとても重要です。内見は購入希望者が実際に家を見て判断する機会です。この機会を最大限に活かし、家の魅力を引き出すための準備を行いましょう。

清掃と整理整頓

家全体を徹底的に清掃し、整理整頓することが基本です。ポイントは前項のクリーニングのポイントの項の通りですが、プロの業者に依頼することをおすすめします。住みながらの状態で売却を進める場合でも、依頼することが可能です。

家具の配置

家具の配置を見直し、家が広く見えるように工夫します。過度に多い家具は撤去し、動線を確保することで、空間の広がりを感じさせることができます。

照明と香り

全ての部屋の照明を点灯し、明るく清潔な雰囲気を作りましょう。また、香りも重要な要素です。新鮮な花やアロマを使って、あまり強すぎない、心地よい香りを演出します。

物件情報の準備

内見時には、家の詳細な情報を提供できるように準備しておきましょう。リフォーム履歴や修繕箇所、近隣の利便施設情報など、購入者が興味を持つ情報を用意しておくことで、信頼感を高めることができます。

質問への対応

内見時には、購入者から様々な質問が寄せられます。家の特徴や周辺環境について即答できるように準備しておきましょう。具体的な数字やデータを提示することで、家の価値をアピールできます。

必要書類の準備と査定の方法

家を高く売るためには、必要書類を揃え、正確な査定を行いましょう。ここでは、必要書類の準備と査定の方法について詳しく解説します。

必要書類の準備

以下に売却に必要な、主な必要書類をまとめました。

書類名内容
登記簿謄本(登記事項証明書)所有者や権利関係を証明する書類
売買契約書家を購入した際の契約書
建築確認済証および検査済証建物が法的に適合していることを証明する書類
図面およびパンフレット建物の間取りや仕様を示す資料
固定資産税納税通知書固定資産税の納付状況を証明する書類
管理規約および使用細則(マンションの場合)マンションの管理規約や使用細則

査定の方法

家を高く売るためには、適切な査定を行うことが重要です。査定の方法には以下のようなものがあります。

  1. 不動産会社による査定: 不動産会社に依頼する査定は、複数の不動産会社に査定を依頼し、比較することで、家の適正価格を把握することができます。不動産会社の査定には、書類のみを材料に行う机上査定と、現地を訪問して行う査定があります。相見積もりの際は、机上査定もよく行われます。
  2. 自動査定ツールの利用: インターネット上には、自動査定ツールが多数存在します。これらのツールを利用することで、簡単におおよその査定額を知ることができます。
  3. 市場調査:周辺地域の不動産市場を調査し、類似物件の売買価格を確認します。これにより、家の相場価格の概算を把握することができます。

自動査定ツールや市場調査は正確性には限りがあるため、参考程度に留めましょう。

査定のポイント

査定を行う際には、以下のポイントを押さえておくことが重要です。

ポイント内容
立地条件駅からの距離や周辺の利便性を考慮
建物の状態建物の築年数やリフォームの有無を確認
面積と間取り部屋数や広さが価格に影響
周辺環境学区や治安、近隣施設の有無をチェック
市場動向不動産市場の動向や経済状況を考慮

売却に適したタイミングの見極め方

家を高く売るためには、売却に適したタイミングを見極めることが非常に重要です。季節や時期、市場動向により、家の売却価格は大きく変動します。

季節による売却時期の見極め方

家の売却には、季節が大きく影響します。以下に各季節の特徴をまとめました。

季節売却のメリット売却のデメリット
住宅購入希望者が多く、市場が活発になる他の物件も多く競争が激しい
学校の長期休暇を利用した家族層が動く暑さや旅行シーズンで内見が減少する
再び市場が活発になり、取引が増える台風シーズンで天候に左右される
年末年始を避ければ売却が安定する寒さや年末年始で内見が減少する


特に春と秋は、家を高く売るための最適な時期とされています。これらの季節は、市場が活発で購入希望者が増えるため、家の売却価格が高くなる傾向があります。

市場動向の見極め方

市場動向を把握することも、家を高く売るためには欠かせません。経済の安定や金利の動向は、不動産市場に大きな影響を与えます。現在は都市部、都市郊外ともに、中古物件の価格は上昇傾向です。

また、金利が低い時期は、住宅ローンの借入がしやすく、購入希望者が増加するため、家を高く売るチャンスです。

地域の不動産市場のトレンドを確認しましょう。新しい開発やインフラ整備が進む地域は、家の価値が上昇する可能性が高く、売却の好機です。

上記を考慮に入れつつ、同じエリアでの最近の売却価格を調査します。これにより、家を高く売るための適正価格を設定する手助けとなります。

信頼できる不動産会社の選び方

信頼できる不動産会社の選び方

家を高く売るためには、信頼できる不動産会社を選ぶことが重要です。過去の取引事例や顧客の評価を参考にすることで、信頼性を判断できます。また、複数の不動産会社に査定を依頼し、その結果を比較することも大切です。

良い不動産会社の見極め方 

家を高く売るためには、信頼できる不動産会社を選ぶことが重要です。良い不動産会社を見極めるためのポイントを以下に示します。

1. 得意分野の確認

不動産会社によって得意分野が異なります。マンションの売却が得意、一戸建ての売却に強いなど、タイプに合った会社を選びましょう。企業のウェブサイトや口コミ、過去の取引実績を確認することで、得意分野を確認できます。

2. 地域密着度

地域密着型の不動産会社は、地元の市場動向や物件情報に精通しているため、家を高く売るために有利です。地元の特性や需要を把握しているため、的確なアドバイスや売却活動が期待できます。

3. 実績と評判

不動産会社の実績と評判も重要な選定基準です。実績豊富な会社は、多くの高く売る取引を成功させているため、信頼性が高いです。また、顧客からの評判や口コミも参考にしましょう。以下の表も参考にしてください。

チェックポイント内容
取引実績過去の売却実績や成約件数を確認
顧客満足度口コミサイトやレビューでの評価を確認
知名度地域での知名度や評判を確認
サービス内容提供されるサービスの質を確認

4. コミュニケーション

不動産会社とのコミュニケーションも重要です。丁寧な対応や迅速なレスポンスができる会社は、信頼性が高いです。

  • 質問に対して明確かつ丁寧な説明があるか。
  • 連絡が迅速かつ適切に行われるか。
  • 売却に関する戦略やアドバイスが具体的か。

4. 複数社の比較

最後に、複数の不動産会社に査定を依頼し、その結果を比較しましょう。査定結果だけでなく、対応の質や提供されるサービスも含めて総合的に判断しましょう。

複数の不動産会社に査定を依頼する理由 

家を高く売るためには、複数の不動産会社に査定を依頼することがとても重要です。ここでは、その理由について解説します。

1. 適正価格の把握

不動産の査定価格は会社によって異なるため、各社の査定結果を比較することで、自分の家の市場価値を正確に知ることができ、高く売るための基準を持つことができます。

2. 売却戦略の比較

不動産会社によって、提案される売却戦略やマーケティング方法は異なります。複数の会社から提案を受けることで、どの戦略が最も効果的かを比較検討することができます。

3. 交渉力の向上

複数の不動産会社に査定を依頼することで、各社の見積もりや提案内容を比較し、交渉材料として活用できます。これにより、不動産会社との交渉力が向上し、より良い条件で家を売ることが可能になります。

4. 取引態様の戦略

接触した会社の中から、不動産会社の取引態様を検討しましょう。取引態様には「専属専任媒介」「専任媒介」「一般媒介」の3種類があります。

専属専任媒介は、1社の不動産会社が独占的に販売活動を行うため、手厚いサポートが期待できます。専任媒介は、1社に依頼しつつ自分で買主を見つけることも可能です。一般媒介は複数の不動産会社に依頼できるため、広範なアプローチが可能ですが、サポートが分散する可能性もあります。

不動産会社とのコミュニケーションのポイント 

家を高く売るためには、不動産会社とのコミュニケーションが重要です。ここでは、不動産会社との効果的なコミュニケーションのポイントについて解説します。

1. 定期的な報告を依頼する

不動産会社とのコミュニケーションでは、定期的な報告が重要です。家の売却活動の進捗状況や市場の反応など、定期的に情報を共有してもらうことで、状況を正確に把握できます。各種情報を定期的に報告してもらいましょう。

定期報告の義務は取引態様によって異なってくるため、それをベースにすることにはなりますが、「こんな場合は連絡をください」とお願いしておくと良いでしょう。

2. 相談しやすい環境を作る

家を高く売るためには、不動産会社と密に相談できる環境を作ることが大切です。疑問や不安がある場合は、すぐに相談できるようにしておきましょう。不動産会社に対して、以下のような質問を積極的に行うことが有効です。

  • 「現在の市場動向はどうですか?」
  • 「内見者からのフィードバックはありますか?」
  • 「価格調整のタイミングについてアドバイスがありますか?」

3. 明確な目標を共有する

家を高く売るためには、不動産会社と売却の目標を明確に共有することが不可欠です。売却価格の目標や売却期間の希望を伝えることで、不動産会社は具体的な戦略を立てやすくなります。以下のポイントを事前に相談しておくと良いでしょう。

目標設定内容
売却価格の目標市場価格を参考にしながら、現実的な目標価格を設定
売却期間の希望どれくらいの期間で売却したいかを明確に伝える
宣伝戦略どのような広告手法を使用するかを相談

4. 内見者や市場からのフィードバックを活用する

家を高く売るためには、内見者や市場からのフィードバックを積極的に活用することが重要です。不動産会社からのフィードバックを元に、改善点を見つけて対応することで、家の魅力を最大限に引き出すことができます。

迅速な現金化や仲介手数料がかからない、買主への契約適合責任が不要など、買取にもメリットが沢山あります。家プロにご相談ください!

無料査定はこちら

家を高く売るための適切な価格の決め方

家を高く売るための適切な価格の決め方

家を高く売るためには、適切な価格設定が不可欠です。まず、地域の市場調査を行い、周辺の市場価格を把握します。また、複数の不動産会社に査定を依頼し、その結果を比較することで、最も高く売るための価格を設定します。

市場価格の調査方法

家を高く売るためには、市場価格の正確な調査が不可欠です。市場調査をしっかり行うことで、適正価格を設定し、スムーズかつ高値での売却が可能となります。ここでは、市場価格の調査方法について詳しく解説します。

1. レインズ(REINS)を活用する

レインズ(REINS)は、不動産取引情報を集約したデータベースであり、プロの不動産業者が利用するツールです。このデータベースを確認してもらい、過去の取引履歴や現在の売却物件情報を入手できます。

2. 不動産ポータルサイトの活用

不動産ポータルサイトには、多数の売却物件が掲載されています。これらのサイトを活用して、同じエリア内の類似物件の価格を確認しましょう。以下の表に、主要な不動産ポータルサイトをまとめました。

サイト名特徴
SUUMO全国の物件情報が豊富で、詳細な検索機能が充実
HOME’S最新の物件情報が多く、エリアごとの相場情報も提供
アットホーム地域に特化した物件情報が充実しており、取引事例も豊富


これらのサイトを利用して、売却予定の家と条件が似ている物件の価格をチェックすることで、市場価格の目安をつかむことができます。

3. 不動産会社の査定を受ける

複数の不動産会社に査定を依頼し、見積もりを比較することも重要です。査定結果を比較することで、自分の家の市場価格をより正確に知ることができます。

机上査定は複数の会社間での比較、訪問査定では、家の状態や周辺環境も考慮した詳細な見積もりが得られるため、より正確な市場価格を把握することができます。

4. 公的機関のデータを活用する

国土交通省や地方自治体が提供する不動産取引価格情報も、市場価格の調査に役立ちます。これらのデータは、公的機関が収集・公開しているため、信頼性が高いです。

5. 近隣住民へのヒアリング

地域密着型の情報を得るために、近隣住民や地元の不動産業者へのヒアリングも効果的です。実際に同じエリアで売却経験のある人からの情報は、リアルタイムの市場動向を知る上で貴重な情報源となります。

高値で売るための価格設定のコツ

家を高く売るためには、適切な価格設定が非常に重要です。ここでは、高値で売るための価格設定のコツを紹介します。

1. 市場価格を参考にする

まず、市場価格を正確に把握することが重要です。近隣の類似物件の取引履歴や現在の売り出し価格を調査し、適正価格を見極めましょう。

2. 最初の指値を高めに設定する

高値で売るためには、最初の指値(売り出し価格)をやや高めに設定することが有効です。買主は交渉を前提として価格を見ますので、初めから低い価格を設定すると値引きの余地がなくなります。

3. 値引き交渉を見越した価格設定

値引き交渉を見越して、売り出し価格にある程度の余裕を持たせることも大切です。買主は一般的に値引きを期待しますので、交渉後に満足できる価格になるよう設定します。例えば、市場価格より5%〜10%程度高めに設定すると良いでしょう。

4. 市場の需要と供給を考慮する

市場の需要と供給を考慮した価格設定も重要です。需要が高く供給が少ないエリアでは、高値設定が可能です。一方、供給過多の場合は、適正価格に近い設定が求められます。

5. 売却時期の戦略

売却時期も価格設定に影響を与えます。例えば、春や秋の住宅市場が活発な時期に売り出すことで、高値での売却が期待できます。逆に、冬や夏の閑散期は価格を下げざるを得ない場合があります。

6. プロのアドバイスを受ける

不動産会社のプロにアドバイスを求めることも、価格設定の重要なポイントです。不動産会社は市場調査や取引履歴に基づいて、最適な価格を提案してくれます。また、地域密着型の不動産会社は、特定のエリアに詳しいため、さらに具体的なアドバイスが期待できます。

家を高く売る効果的な宣伝方法

家を高く売る効果的な宣伝方法

家が高く売るためには、効果的な宣伝が不可欠です。宣伝の質と量を向上させることで、より多くの買い手に家の魅力を伝えることができます。ここでは、家を高く売るための効果的な宣伝方法について解説します。

売却の際の広告宣伝費は、不動産会社の仲介手数料に含むものと、別途必要になるもの、調査や制作費などの実費を伴う場合もあります。よく話し合いのうえで、やりたいことと費用の分担、たとえばSNSの発信など、売主の方が自主的に行うことなどを決めましょう。

1. 不動産ポータルサイトの活用

不動産ポータルサイトは、多くの買い手が物件を探す際に利用する主要なプラットフォームです。SUUMO、HOME’S、アットホームなどのサイトに家の情報を掲載し、広く告知しましょう。掲載時には、以下のポイントに注意します。

  • 高画質の写真を多数掲載する
  • 詳細な物件情報を記載する
  • 物件の魅力を強調するキャッチコピーを作成する

2. SNSやインターネット広告の活用

SNSやインターネット広告は、不動産会社に依頼して発信したり出稿するのが一般的ですが、売主自身が広告を依頼することも可能です。

SNSやインターネット広告を活用することで、幅広い層にアプローチできます。Facebook、Instagram、TwitterなどのSNSで物件情報を発信し、ターゲット層にリーチしましょう。

また、Google広告やFacebook広告を利用して、有料のADを出すことで、特定の地域や属性のユーザーに効果的に宣伝できます。

インスタグラムの活用

インスタグラムは、ビジュアル重視のプラットフォームであり、家の写真や動画を通じて魅力を伝えるのに最適です。以下のポイントを押さえて効果的に活用しましょう。

  • 高画質の写真を投稿:家の外観や内装、特に魅力的な部分を高画質の写真で投稿します。
  • ハッシュタグの利用:「#家高く売る」「#不動産」など、関連するハッシュタグを活用して多くのユーザーにリーチします。
  • ストーリーズでのアピール:ストーリーズ機能を使って、オープンハウスの告知や家の特長をアピールします。

YouTubeの活用

YouTubeを利用することで、家の魅力を動画で詳細に伝えることができます。以下の方法で効果的な動画を作成しましょう。

  • バーチャルツアー動画:家全体を紹介するバーチャルツアー動画で、家の雰囲気を伝えます。
  • 内見動画:実際の内見の様子を撮影し、家の魅力や特徴を具体的に紹介します。
  • エージェントインタビュー:不動産エージェントが家の魅力を語るインタビュー動画も効果的です。

ブログやウェブサイトの活用

個人ブログや専用のウェブサイトを作成し、家の詳細情報を掲載します。SEO対策を施して検索エンジンからの流入を増やすことも重要です。

LINEやメールのマーケティング

不動産会社の既存の連絡先リストを活用し、家の売却情報をメールで送信します。特別な依頼として、興味を持つ可能性の高い顧客に直接アプローチすることができます。

3. オープンハウスの開催

オープンハウスを開催することで、実際に家を見てもらう機会を増やし、購入意欲を高めることができます。オープンハウスの際には、特別な依頼としてプロのホームステージングを取り入れると効果的です。家具や小物を配置し、家の魅力を最大限に引き出すことで、買い手に良い印象を与えます。

4. プロの写真撮影と魅力的な物件紹介文

家を高く売るためには、視覚的な魅力が重要です。プロのカメラマンに依頼して、家の魅力を引き出す写真を撮影してもらいましょう。また、物件紹介文も重要です。家の特徴や魅力を具体的に記載し、買い手にとって魅力的な物件であることを強調します。

方法メリット実費
プロの写真撮影視覚的な魅力を最大限に引き出す1万~3万円
ホームステージング家の魅力を効果的に演出5万~10万円
インターネット広告幅広い層にリーチ広告費に応じて変動

5. 地元新聞やチラシの配布

地域密着型の宣伝方法として、地元新聞やチラシの配布も有効です。紙の不動産の広告は、他のジャンルに比べて目に留まりやすいです。

地元の不動産市場に強い影響力を持つ新聞や、地域住民に直接届けられるチラシを活用することで、地元の潜在的な買い手にアプローチできます。

広告手法メリット実費
新聞広告地元の幅広い読者にアプローチ5万~10万円
チラシ配布直接ポストに届けられるため確実1万~3万円
SNS広告ターゲットを絞った効果的な宣伝5千~5万円

6.プロの写真撮影と魅力的な物件紹介文

プロの写真撮影や物件紹介文も、購買希望者にアピールするための大切な要素です。

プロの写真撮影

高品質な写真は、家の魅力を最大限に引き出し、広角レンズを使うことで、部屋の広さや空間の広がりを強調できます。画像修正も、物件の環境や内容を正しく伝えるものであれば、積極的に依頼できます。

反面、費用が高額で、依頼してから利用できるまでの時間も要します。スマートホンに使える広角レンズや画像処理を利用して、なるべく質の高いものを準備するようにしましょう。

魅力的な物件紹介文の作成

物件紹介文は、買い手の興味を引きつけるために重要です。以下のポイントを押さえて、魅力的な紹介文を作成しましょう。

キャッチコピーを工夫する 最初に目に留まるキャッチコピーは重要です。家の特徴やメリットを簡潔に伝えるキャッチコピーを考えましょう。

例: 「広々としたリビングが魅力の家」「駅近で便利な生活を実現!」

具体的な特徴を詳述する 家の具体的な特徴や設備を詳細に記載します。広さ、部屋数、築年数、リフォーム履歴など、買い手が知りたい情報を盛り込みます。

メリットを強調する 物件のメリットを強調します。立地の良さ、周辺環境の利便性、セキュリティの高さなど、買い手にとって魅力的なポイントを強調します。また、デメリットも写真などで伝わるようにしておくと、かえって内覧後の成約率は高まります。

購買意欲を引き出す表現 「新生活を始めるのに最適な家」「家族団らんの時間を過ごせる広々としたリビング」など、買い手が家での生活を想像しやすい表現を用います。「完全」や「一番」等、不動産で使ってはいけない広告表現に注意しましょう。

7.ホームステージングする

ホームステージングする

家を高く売るためには、ホームステージングが効果的です。ホームステージングとは、物件を魅力的に見せるために家具や装飾を使って演出する方法です。以下に、ホームステージングのポイントを解説します。

ホームステージングには、購買者へ良い印象を植え付けるうえで多くのメリットがあります。ホームステージングに使用する家具は、レンタルと買取の2つの方法があります。

方法メリットデメリット
レンタル・短期間で多様な家具を使える ・費用が比較的安い・長期間利用すると費用がかさむ
買取・自分のスタイルに合わせて選べる ・長期的に利用できる・初期費用が高い ・売却後に不要になる可能性がある

高く売れる売買の交渉術と契約の進め方

高く売れる売買の交渉術と契約の進め方

家を高く売るためには、交渉術と契約の進め方が重要です。買主との交渉を、誠実かつ有利に進めましょう。告知義務を守り、物件の状態を正確に伝えることが信頼を得るポイントです。契約書には、免責事項を明確に記載し、将来的なトラブルを防ぐことが重要です。

高く売るための価格交渉のポイントと成功するコツ

家を高く売るためには、価格交渉のポイントを押さえ、成功するコツを理解することが重要です。購入希望者と直接話をするのは基本的に不動産会社ですが、以下以下のセオリーは知っておきましょう。

1. 適切な指値の設定

最初の指値を高めに設定することで、交渉の余地を作ります。指値が高いと、値引き交渉に応じても実際の希望価格に近い金額で売ることが可能です。ただし、過度に高い指値は買い手の興味を失わせるリスクがあるため、適正な範囲内で設定することが大切です。

2. 家の魅力を最大限にアピール

家の良い点を積極的にアピールすることで、価格交渉を有利に進めることができます。リフォームや修繕の履歴、周辺環境の利便性、最新の設備などを強調しましょう。これにより、買い手が家の価値を理解しやすくなり、指値に対する納得感が高まります。

3. 柔軟な姿勢を保つ

交渉では柔軟な姿勢を保ちましょう。初回の提示価格から一歩も譲らない姿勢は、交渉の機会を逃す原因となります。ある程度の値引きに応じる余裕を持つことで、スムーズに交渉が進み、買い手との信頼関係も築きやすくなります。

契約時の注意点と落とし穴 

家を高く売るためには、契約時の注意点を押さえ、落とし穴を避けることが重要です。以下に、契約時に特に注意すべきポイントを紹介します。

契約時には、契約書と重要事項説明を双方で取り交わします。契約書では、支払い条件と引き渡し時期をしっかり確認しておきましょう。

契約書には特約事項が含まれることがあります。特約事項は通常の契約内容に追加される条件で、売主や買主の特別な要望に基づきます。以下の点に注意しましょう。

  • 内容の明確化: 特約事項の内容が明確で具体的に記載されているか確認します。
  • 合意の確認: 特約事項について、売主と買主の間で合意が取れているか確認します。
  • 法的有効性: 特約事項が法的に有効であるか、不動産会社や弁護士に確認します。


契約時には以下のような落とし穴に注意が必要です。

  • 曖昧な条項: 契約書に曖昧な条項が含まれている場合、後々トラブルになる可能性があります。
  • 未確認の特約: 特約事項については、しっかりと確認し、理解した上で契約を進めます。
  • 告知義務の不履行: 告知義務を怠ると、法的な問題になる可能性があり、やってはいけないことです。物件の欠陥や問題点は全て正直に告知しましょう。

マンション・戸建て売却後の手続きと新しい生活への移行の流れ

家を高く売ることが成功した後には、売却後の手続きと新しい生活へのスムーズな移行が重要です。以下に、売却後に必要な手続きと新しい生活への移行のポイントを紹介します。

1. 売却後の確定申告

家を売却した後は、確定申告が必要です。売却益が発生した場合、その利益に対して課税されます。ただし、以下の控除が適用される場合があります。

  • 3,000万円の特別控除: 一定の条件を満たせば、売却益から3,000万円が控除されます。
  • 居住用財産の買い換え特例:新居を購入する場合、売却益の繰延べができる場合があります。

これらの控除を適用するためには、確定申告の際に必要な書類をしっかりと準備し、申告書を記入して税務署に提出します。確定申告の時期は売却の翌年の3月中旬から3月中旬です。予約の上で、記入方法を税務署で教えてもらうこともできます。

2. 引っ越しと新居への移行

家の売却が完了したら、新居への引っ越しを計画します。以下の手続きの流れを確認しましょう。

  • 引っ越し業者の手配:引っ越し業者を手配し、引っ越しの日程を決めます。
  • 住所変更の手続き:役所や銀行、郵便局などに住所変更の手続きを行います。
  • ライフラインの手続き: 電気、ガス、水道などのライフラインの移設手続きを行います。

3. 新生活への準備

新居での新しい生活をスムーズに始めるための準備も重要です。

  • 家具や家電の購入:新居に必要な家具や家電を購入し、配置を計画します。
  • 近隣への挨拶: 新しいご近所への挨拶を行い、良好な関係を築く準備をします。

まとめ

家を高く売る5つのポイント

現在お住まいの自宅を高く売りたいとお考えの方々に向けて、売却の手順や注意点を詳しく解説しました。

家を高く売るためには、売却前の準備や適切な価格設定、効果的な宣伝方法が重要です。さらに、信頼できる不動産会社の選び方や価格交渉のコツを知ることで、売却プロセスがスムーズになります。これらのポイントを押さえて、理想的な売却を実現しましょう。

無料査定はこちら

無料査定
電話で相談